モテ度UP!厳選チノパン

チノパンはどんなコーディネートにも合わせやすい、万能ボトム。

 

ジーパン一辺倒だった人は、ぜひ1着は手に入れてほしいです。チノといえば、ベージュで太目のライン、もっさりとしたイメージがある人も多いかと思いますが最近のチノは色も形も、デザインもさまざま。

 

どちらかと言えば地味な脇役だったチノパンが、一気に主役と躍り出ました。

 

例えばこれ。

 

このチノパンの特徴はカラフルなベルトホール。そしてクシュクシュとしたシャーリング加工を施してあり、ラインがきれいに見え脚長効果抜群!

 

ブラック、ベージュともどんなコーディネートにも合いますが、せっかくのベルトホールをチラ見せできる絶妙な長さのトップスを選んで。足元は断然ブーツが似合います。

 

ショップでチェック(メンズスタイル)

 

ジャケットにも合う上質チノ

チノパンといえば綾織綿地で織られた木綿のパンツのこと。

 

どちらかと言えばカジュアルなイメージのあるパンツですよね。でもこのチノは、こんな風にジャケットにもバッチリ似合います。

 

裾に向かって自然に細くなっていくテーパードデザイン。ストレッチもきいているので、すごく動きやすいつくりです。

 

カラーは何種類かありますが、その中でもブラックがオススメ。ジャケットスタイルで楽しんでほしいです。

 

ショップでチェック(スプートニクス)

 

鮮やかなカラーのクロップドチノ

あざやかなターコイズグリーンのチノは、クロップドパンツを選んで。

 

後ろポケットや、付属のベルトなど、遊び心たっぷりのこのチノパンは、ネイビーの柄ポロシャツを合わせてプチマリン風に。

 

足元までマリンにこだわって、デッキシューズをチョイス。

 

バラバラに見えて、実はまとまっている上級者コーデ。このチノオススメです。

 

ショップでチェック(インフォアブソ)

 

わざと汚したビンテージチノ

あえてのシワ加工とビンテージ加工を施した、個性派チノ。ベージュだと、より一層汚れ具合が浮き出て見えます。

 

けれど汚らしくならないのは、計算されたラインのおかげ。太すぎないラインで、少しブーツカット気味。全体をすっきりと見せてくれます。

 

こんな男っぽいチノパンには、ワイルドなライダースレザージャケットを。大人の男を演出してくれます。

 

ショップでチェック(メンズスタイル)

 

 

変形サルエルチノ

こちらはサルエルパンツ。

 

サルエルというと股下が深く、太ももは太め、膝下から細くなっているデザインのパンツのこと。どちらかと言えば、若い人が好んで履きそうなデザインのため、大人の男性には手が出しずらいと思われがちです。

 

ですが、このサルエルチノは、大人の男性でも気楽に取り入れられそうな、シンプルな作り。特に、こんな感じのインディゴカラーなら、春から夏にかけて大活躍しそうなアイテム。

 

サルエル自体が個性的なため、トップスはシンプルに。このようにサンダルでも素敵ですね。

 

ショップでチェック(インフォアブソ)